疲れには回復系栄養素を

疲労回復にドリンク剤をよく飲むと思うのですが、あれはアミノ酸がメインです。特にタウリン1000mg配合!!なんていう栄養ドリンクあるじゃないですか。

 

タウリンは疲労回復系栄養素としてドリンク剤に配合されています。タウリンとは、アミノ酸の一つですが、肝臓の再生促進に良い栄養とされています。肝臓は毒素を取り除く部位。この肝臓の機能が低下すると毒素により体がむくみ、だるさの原因ともなるので肝臓を元気にさせる意味でタウリンは疲労回復に期待できる栄養素です。

 

タウリンはどんな食事に含まれるか?

 

イカ、タコ、貝、魚など魚介類に多く含まれます。海の幸を食べると疲労回復に期待できそうですね。

成長ホルモン

睡眠は疲労回復にとっても大事。では睡眠中にどういった事を体が行っているのか?

 

それは、成長ホルモン分泌による悪い部位の補修作業。

 

成長ホルモンには、カラダを大きくする、疲労を回復する、壊れた筋肉を修復するなどの働きがあり、

引用:明治サパスのコラム

 

睡眠により成長ホルモンが出るのですが、(成長期の人だけ出るわけじゃないんです)その成長ホルモンは、傷ついた体の組織を修復する事もしているんです。

 

例えば筋肉痛。2、3日寝て、その後朝起きると、寝る前と比較にならないほど筋肉痛がラクになって経験ってありませんか?

 

また、口内炎。これも3、4日経って、特に朝起きてみると劇的にラクになったとか。

 

それは寝ている間の体の修復作用により体が元の状態に戻ってきたということです。

 

疲れにしても同様。しっかり栄養を摂って、ぐっすり眠れば本来疲労なんて回復しちゃうんですよね。特別な病気が無いなら。気になる人は病院へ行って下さいね。あくまで病気ではないという前提での話です。

 

成長ホルモンもアミノ酸。どういった物を摂るといいの?

 

成長ホルモンの原料となるアミノ酸はアルギニン、リジン、と言ったものですが、詳しくは(下記引用先参照)ようはどういった物を食べればいいのかってことですよね。それは無論好き嫌いなく、たくさんの品目を食べましょうってことですが、腹いっぱいは食べないほうがいいです。

 

@アルギニンが脳下垂体から成長ホルモンやプロラクチン放出を促す。Aポリアミン合成が促進し、リンパ球の成長・増殖活性化が促進する。B一酸化窒素(NO)産生促進によるリンパ球細胞障害能活性化。

引用:ニュートリー

 

成長ホルモンを作る上で期待したい食材とは

 

魚はぜひ摂りたいですね。また、ナッツ系もオススメ。豆腐、豆乳もぜひ。肉類もオススメ。しかし高カロリーであるので食べ過ぎに注意。

| 疲労回復に良い食べ物

鮮やかなルビーレッドが美しいハイビスカスティーは、疲労回復に良いビタミンCやクエン酸を多く含んでいることで有名です。

 

また同じくビタミンCを多く含むハーブティーとして有名なものに、ローズヒップがあります。どちらもレッド系の水色ですが、ローズヒップの方はビタミンCを多く含んでいるものの、ハーブティーとしていただくには色があまり出ないため、その効果の割には物足りなく感じがちです。

 

色が薄いのは素材の問題だから仕方ないのですけどね・・・だったら。

 

| 疲労回復に良い食べ物

まずお魚は、何が豊富化というとDHAと、EPAですね、健康成分としては。

 

それで、DHA、EPAが豊富な魚を積極的に食べてみてはいかがでしょうか。

 

しかも最近のイワシやサバ缶ブームもありますからね。手軽に食せます。

 

旬な魚をまずは食べていくことが実は大事なんですね。その理由は旬な魚は脂の乗りが違うんです。サンマもイワシもそうです。栄養価が違います。たっぷり丸々と太ったお魚は不飽和脂肪酸が豊富で健康維持とおいしさの両立となっております。

| 疲労回復に良い食べ物

ブロッコリーブロッコリースプラウトは、がん予防に効果があると、テレビ番組で放映されました。

 

その直後のスーパーには品切れ続出のブロッコリースプラウトが。

 

最近は大抵品切れもなく難なく購入することができますが、またどこぞのテレビ番組で放映されると品切れ続出となるんでしょうね。

 

 

| 疲労回復に良い食べ物

緑黄色野菜の中でも、甘くておいしいかぼちゃには、実は健康への知られざる期待事案がたくさんあります。

 

かぼちゃに含まれる主な成分はベーターカロチン、ビタミンEなどです。

 

ベーターカロチンは体内でビタミンAに変換されるので眼精疲労にとても良いとして知られていますし、たくさん食べたからと言っても健康への害もありません。