活性酸素に水素水

活性酸素に水素水

活性酸素対策に水素水とは

活性酸素は酸素が活性している状態。酸素は生きていく上で必要なものですが、過剰に体内に存在します。それが体内のサビを生み、さまざまな悪さをするというものです。

 

活性酸素はウイルスなどに対向するためのいわば爆弾であり、大事な物質でもあります。しかし、過剰になりやすく、過剰部分を消していくことが健康維持に大事となります。

 

そのための水素水。

 

水素水は酸素を中和する働きがあります。水素水は活性酸素を中和したらただの水となり体外に排出されます。

 

ということは、まったく副作用など心配する必要がないというパーフェクト活性酸素対策とも言えます。

 

どれだけ飲めばいいのか

水素水は水なので健康維持には1日2リットル程度飲むといいでしょう。もちろん冬場、夏場は汗の量が違うため飲む量は変わりますが、基準は2リットル程度と言われています。

 

新谷先生(内視鏡学会賢威)は飲むタイミングを詳しく教えてくれます。

 

朝コップ1杯、昼食1時間前に500CC程度飲むとよいと指導しています。ご飯と一緒にたくさん飲むのは控えようということです。通常の食事前にある程度の量を飲むようの言われております。

 

通用のお水でいいのですが、これが水素水なら尚良いとのことです。

 

一昔前には酸化還元電位と言われる活性酸素を中和するための電気的な電位がマイナスに触れている方が還元(中和)するという意味で大事と言われておりました。

 

しかし最近では水素の量が大事で酸化還元電位はさほど重要視されていないようです。

 

そもそも酸化還元電位はアルカリに振れるため、強いアルカリに触れると胃が負担をかかるため、強いアルカリイオン水は控えたほうがいいらしいです。

 

そういった意味で弱アルカリ性の水素水は非常に期待度の高いお水であると言えます。

 

アルカリイオン整水器は一番強いアルカリにするのではなく、弱アルカリ性程度にして利用するのが良いとしております。

 

 

 

関連ページ

活性酸素とビタミンC
ビタミンCを摂ると活性酸素にどういった影響があるのか、メリットデメリットとは?
活性酸素と老化
老化の原因の一つ活性酸素。どういったメカニズムで老化を早まるのか、また、食い止めるための方法とは?

ホーム RSS購読 サイトマップ