十分な睡眠で疲労回復

十分な睡眠で疲労回復

睡眠の大事

疲れを撮るためには十分な睡眠が必要です。

 

そんなことは皆さん周知しているでしょうが、精神的疲労というのがありまして、それは睡眠の質を下げてしまいます。

 

皆さん精神的に疲れている人がたくさん、多いのですね・・・

 

そこでお勧めなのが、就寝1〜2時間前に入浴することです。

 

入浴することで血流が良くなり、精神的疲労を回復させることができます。体も温まり、精神的にリラックスしませんか?精神の安寧こそ質の良い睡眠の一つの条件なのです。

 

運動していますか

 

また、運動不足は精神的疲労が溜まりやすくなってしまいます。

 

日々の疲労回復を効果的に行うためにも、毎日適度な運動を行うようにしたいものです。

 

ウォーキングやストレッチ、体操や筋トレなどちょっとした空き時間を利用してできる運動を継続することで精神的疲労を回復させやすくなります。

 

運動することによりぐっすり睡眠が得られますよ。

 

寝る前にこれはちょっと・・・

 

就寝前は副交感神経が上位に働くようにしていくことが大切です。

 

スマホやパソコンなどの光は交感神経が働いてしまいます。

 

就寝前は暗い光の中で過ごしたり、リラックスできる音楽や香りを楽しむと睡眠の質が高まり、良い眠りに就くことができます。

 

寝る直前のパソコン、スマホ、テレビは極力控えるといいでしょう。寝る直前までやっていると目をつむってもチカチカしませんか?これでは質の良い睡眠のちょっとした妨害ともなってしまいます。何時間前からやめようということじゃないので、

 

睡眠10分前でもいいので 、目の刺激になることを控えてみてはいかがでしょうか。

 

体力回復の栄養を摂る

 

疲労が原因で著しい体力の低下がみられる時は、できるだけ滋養のあるものを摂るようにしましょう。

 

栄養ドリンクなども効果がありますが、飲み過ぎには注意したいものです。寝る直前に飲むとカフェインなどの利尿作用で目が覚めることがあります。なので寝る1時間前以前に飲んでおくとう良いでしょう。

 

まとめ

 

早寝早起きと規則正しい生活習慣で、疲労を溜めない健康的な体を作っていくことができます。

 

朝起きてもスッキリしない場合は、睡眠不足や睡眠の質が下がっている証拠です。

 

早起きをするためには早く眠ることが大切です。十分な睡眠時間を摂ることが疲労回復に繋がります。

 

睡眠時間が長すぎても短すぎても、起きた時に疲労を感じてしまいます。

 

自分の適切な睡眠時間や状態を知ることで、同時にきちんと疲労を回復させることができるようになります。

関連ページ

立ち仕事で足が痛い
立ち仕事で足が痛い。おまけにすさまじい疲労で休日は寝てばかり・・・こんな生活をなんとかする方法はちょっとした工夫で全く回避出来るのですが・・・
疲労回復に効果的な睡眠とは
疲労をリセットするための睡眠ですが、効果的な睡眠時間と、ある心構えが大事になります。どんな心構えかというと
けだるい
けだるい・・・やる気も起きない。 そんな時に即効性が有る元気の出る方法を紹介

ホーム RSS購読 サイトマップ