疲労回復にお魚?

疲労回復にお魚?

疲労回復に良さそうなお魚は

魚は元気

まずお魚は、何が豊富化というとDHAと、EPAですね、健康成分としては。

 

それで、DHA、EPAが豊富な魚を積極的に食べてみてはいかがでしょうか。

 

と書きたいのですが、旬な魚をまずは食べていくことが実は大事なんですね。その理由は旬な魚は脂の乗りが違うんです。サンマもイワシもそうです。栄養価が違います。たっぷり丸々と太ったお魚は不飽和脂肪酸が豊富で健康維持とおいしさの両立となっております。

 

不飽和脂肪酸

 

不飽和脂肪酸は体内に取り込まれても固まらずに、血中にあるコレステロールなどの調整に良い油です。また、飽和脂肪酸は体内でも固まる、すわなちラードやバターなどの油で、摂り過ぎは控えないといけません。

 

魚の油は水中の冷たい場所でも固まらないため、魚より体温が高い人間の体内ではもっと液体寄りとなりところがサラサラという所以なのです。

 

動物性脂肪は、牛の油を例にしてみると、
牛は体温が39℃前後なので、その付近の温度ではまだ油は固まりません。しかし、牛の油が人間の体内に入ると、人体は体温が37℃前後なので、2度ほど下がるわけです。

 

脂の周りの温度が下がると脂も固まってきますので、牛の油が人体に入ると固まる傾向になるのです。それが蓄積されるとコレステロールがたまり、健康に悪影響となります。牛だけではなく人体より体温が高い動物の油を摂りすぎるとということで、適度に摂る分なら問題ありません。

 

どうしても動物性のお肉が大好きという人は、魚に少しスイッチしてみるといいかもしれません。

 

そのように魚の不飽和脂肪酸を体内に取り込むことで健康にも好影響ですし、健康となれば疲労感も良くなるものです。「木を見て森を見ず」と言われています。

 

疲労回復にどうしようこうしようと目先ばかり見ないで、もっと大きな健康を目標にしてみてはどうでしょう。健康になれば勝手に疲労感も軽減するものです。

 

イミダペプチド

 

最近話題のイミダペプチドという栄養素がありますが、これは鶏肉の胸部分に多く含まれますが、実は魚にも多く含まれます。

 

このイミダペプチドは医学的にも疲労物質除去の効果が認められており、期待できる成分です。

 

引用:

本品にはイミダゾールジペプチドが含まれる ので、日常の生活で生じる身体的な疲労感を軽 減する機能があります。身体的な疲労を自覚し ている方に適した食品です。

 

文献はこちら

 

魚と鶏肉に配合されているイミダペプチド比較

 

ニワトリの胸肉がダントツ多いのですが、その7割程度イミダペプチドが含まれる魚がカツオです。

 

カツオは回遊魚で、特に止まると呼吸ができず生きていられない習性であり、1日中泳ぎ続けています。渡り鳥が広大な海を飛び続けているようにカツオも広大な海を泳ぎ続けています。

 

なのでカツオにはイミダペプチドが多いのでしょうか。

 

カツオやマグロ、その他回遊魚で、泳ぎ続けている魚にもイミダペプチドが多いでしょう。

 

ブリ、カジキ、あとアジも泳ぎ続ける魚として有名です。

 

 

 

 

 

 


関連ページ

食べ過ぎた翌日
食べ過ぎて胃がムカムカ・・・・それを防ぐ、更に今その時をラクにする秘策はというと
ハーブティーで疲労とさよなら
体に良いと言われるハーブティーですが、味がいろいろで苦手な人も。実はこんな逆転の発想で、 おいしくしかも健康的になるんですね。
かぼちゃの栄養は?種って食べられるの
かぼちゃは素晴らしいです。どのような期待が出来るのでしょうか?また、種には驚きの凄さが!
ブロッコリースプラウトで健康に
ガンになりにくいと噂のブロッコリースプラウトですが、実はこれのおかげで毎日元気です。その理由とは

ホーム RSS購読 サイトマップ